パチンコをやるためにお金を借りる行為の問題点

お金が必要1

パチンコは戦後の日本で急速に普及した遊戯の一種で、手軽に遊ぶことが出来る賭け事として知られています。専門知識や経験が不要なので、成人であれば誰でも出来るのが利点ですが、その一方ではまりすぎて金銭トラブルに至ってしまう問題もあります。

パチンコが関係する金銭トラブルの詳細を学び、健全な暮らしを営むことを心がけましょう。

パチンコが普及した要因と現状について

パチンコは昭和初期に原型となる設備が開発されましたが、娯楽として広く普及したのは戦後からです。多数の釘が打ちつけられた盤面に金属製の玉を飛ばし、入賞口と称される穴に入れることで持ち玉を増やすのがパチンコの遊び方です。

単純明快なルールと手軽に遊べるシステムから全国的に普及し、現在では日本国内の殆どの地域でパチンコの専門店が営業しています。また、近年では役物と称される、可動式の部品を搭載したパチンコ台が主流です。役物があるパチンコ台はリーチなどの演出を華やかに見せる他、射幸性を煽る効果があるのが特徴です。

また、アニメやゲーム、映画などのタイアップ機が増えています。精密機器の製造技術の向上によってパチンコ台の演出が華やかになる一方、過度な演出は客の射幸心を煽ると問題視されています。特に長時間の遊戯によって散財してしまい、パチンコが原因の金銭トラブルに至るケースが増加したことから、現在では出玉数や換金率など様々な面で規制がかけられるようになりました。

パチンコに多い金銭トラブルについて

お金が必要9

パチンコは法律上は遊戯として扱われているので、店から玉を有料で借りて遊ぶという建前で行われています。しかし実際は出玉の数に応じて特殊景品と交換し、専用の窓口で換金することから実質的な賭博の一種となっています。

パチンコは競馬などの公営ギャンブルのような特定の開催日が無く、パチンコ店が営業している時間帯であればいつでも遊戯に興じることが可能です。手軽に遊戯が出来ることから利用客が多い反面、金銭トラブルに発展しやすい問題もあります。

パチンコでの金銭トラブルはのめり込みによる散財が殆どです。現在のパチンコは派手な音や画像を連続して流し、役物を作動させることで射幸心を煽る作りになっています。そのため、パチンコを打つ人は当たるまでお金をつぎ込んでしまう傾向に陥りやすく、結果的に多額のお金をパチンコに使ってしまうことになります。

また、パチンコで負けた分を取り戻す目的で更にパチンコにお金を使ってしまい、余計に損をしてしまう結果に終わってしまうのも問題点の一つです。パチンコを打っている間はお金を使うことに抵抗を感じにくくなることから、いくら負けても次に当てれば取り戻せると楽観的に考えがちです。

そのため、パチンコはギャンブルの中でもたやすく散財しやすく依存性が高いとされています。参照>ノーローン … 無利息キャッシング

お金を借りてまでパチンコを打つ心理状態

ギャンブルを目的にお金を借りる行為は重度の依存症の一つと見做され、精神面の治療が必要になることがあります。中でもパチンコ依存症は日本の各地にパチンコ店が営業していることから誰でも陥る危険があり、事態の改善が難しいのが問題です。

パチンコは手軽に打つことが出来るため、負けても次に勝てば取り戻せると安易に考えてしまう傾向があります。そのため、パチンコを目的にお金を借りる事態に陥るケースが多く、次第に負債額が増えてしまいます。

たまに勝つと今まで負けた分以上のお金を得ることが出来るのも依存しやすい理由の一つです。

パチンコへの依存性は台から出る音や光、目に見える出玉の数などが脳に強い刺激をもたらすことで起こるとされています。個人差がありますが、立て続けに当たりを経験すると次も勝ちたいと強く思うようになり、手持ちのお金が無くなってもパチンコを打ちたいと渇望するようになってしまいます。

パチンコを目的に借金をすることへの抵抗が無くなり、生活費の使い込みや違法の闇金業者を利用してまでパチンコを打ちたがるようになると完全に依存症の域です。パチンコ依存症はあらゆる面でパチンコが最優先になり、自分で良くないと分かっていてもパチンコを選んでしまう状態になります。

お金の管理もパチンコを中心に考えるようになり、生活の破たんに至るケースも珍しくありません。

パチンコ店の側にある問題点

お金が必要4

パチンコ依存症はお金を借りてまでパチンコを打ちたがる客の側だけではなく、パチンコ店の側にも発症の原因があります。客の射幸心を煽る宣伝を繰り返すなどの問題もありますが、近年では店内にATMを設置して客の散財を煽る所も増えています。

従来は手持ちのお金が無くなったら遊戯を止めるのが普通でした。しかし店内にATMがあれば気の緩みが生じてしまい、口座から預金を下ろしてパチンコに使ってしまう可能性があります。また、パチンコ店限定の特殊な景品を置くのも客の射幸心を煽る方法の一つですが、ATMとは違って対象の客層が限られているので目立った批判が無いのが現状です。

パチンコ店の宣伝行為については過度に煽らないように規制が設けられていますが、店側は一見しただけではイベント告知などの宣伝には見えない方法で客の射幸心を煽る工夫を凝らしています。そのため、パチンコへの依存を完全に断ち切るのは自力だけでは非常に困難です。

パチンコ依存にならないための心得

パチンコを打ちたいためにお金を借りる行為は重度のパチンコ依存症と見做されます。本来なら不要な借金をしてまでパチンコを打ちたいと思う状態は生活が破たんする危険が高いので早急な対処が不可欠です。パチンコ依存症を解消するためには専門医による適切なケアが必要ですが、自分だけでは治療を受ける意思を持つのが難しいので親族や友人の協力が重要になります。

また、誰でもパチンコ依存に陥る危険があることから暮らしの中で十分に注意することが大切です。パチンコ依存にならないためには最初からパチンコを打たないのが最適ですが、すでにパチンコを趣味の一つにしている人は回数を減らすことを心がけます。

パチンコに使う分のお金で生活に必要な物品を買い揃えるなど、パチンコ以外の用途にお金を使うことを優先するのが効果的です。また、クレジットカードの利用を停止するなど、お金を借りることが出来ない生活環境にするのも金銭トラブルやパチンコ依存を回避するための工夫です。